Share

TwitterFacebook

こうべ木陰プロジェクト|猛暑でも涼しいまちへ

Share

TwitterFacebook

近年、常態化している異常高温。特に、市街地では強烈な日射しとアスファルトからの照り返しがあり、暑さへの対策が必要です。
そこで神戸市は、日光を遮り、暑さを和らげる効果のある“木陰”に着目。都心部に緑を増やす「こうべ木陰プロジェクト」を始めます。SDGsに取り組む企業・市民の皆さんと協力し、六甲山の樹木を都心部へ移植することに挑戦。
まずは2025年度までに、神戸国際会館前・磯上公園などに約20本を移植します。また、今ある木が大きく育つよう土壌も改良し、将来的には、三宮から元町周辺に木陰の回廊を創る予定です。

木陰の回廊(予想図)

木陰の3ひんやり効果

①地表面の温度が上昇することを抑制
②体感温度を約7度下げる
③蒸発散により周辺の気温上昇を緩和

みんなの力で木陰を増やそう!

このプロジェクトを進めるため、クラウドファンドを立ち上げます。市民の皆さんにいただいた寄付で、都心部に木陰を増やします。寄付者へは、維持管理などで切られた市内の木を活用したお返しも。木陰を増やすだけではなく、伐採した木も有効活用する資源循環型の取り組みに、協力してみませんか。

期間/2024年4月16日(金)~
目標金額/400万円

この記事をシェアする

TwitterFacebook

おすすめ記事

関連ワード

カテゴリー

タグ